イソフラボンのサプリは効果抜群|美容と健康を同時にゲット

女性

日常生活から見直しを

レディー

貧血とは、血液の中のヘモグロビンが減ってくることで様々な症状をもたらすものです。赤血球内のヘモグロビンが減ると、全身が酸欠状態となり、めまいや動悸・息切れや立ちくらみなどの症状が現れます。貧血にはいろいろな原因がありますが、女性に特に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄分が不足することによる鉄欠乏性貧血です。この貧血が特に女性に多い理由は、毎月の月経による出血です。また、まれに子宮筋腫があって体内での出血があったり、痔による出血なども要因の一つです。妊娠中の女性も、胎児に栄養として鉄分も送り出すため、鉄欠乏性の原因になります。その他、過度なダイエットを行ったりすることで鉄分不足を生じますので注意が必要です。

こういった貧血を予防するために、一番最初に見直すべきは食生活です。特に女性は毎月の生理による出血を考慮し、一日に10.5mgの鉄分の摂取をすることが推奨されています。鉄分は栄養バランスのとれた食生活を心がけることで、一日の必要量の鉄分は補給することが可能です。鉄分が多く含まれている食品には、牛や豚のレバーなどがあげられます。また、ひじき・あさり・しじみ、それからきくらげ・小松菜・ほうれん草などにも豊富に含まれています。これらの食品を日々の食事に上手に取り入れ、貧血を予防することが大切です。しかし、鉄欠乏性貧血の症状がひどく、食品だけではまかないきれない場合は、サプリメントを服用し、充分に栄養を補いましょう。